2013年10月9日水曜日

ロシアへの道~その4 モスクワ移動

その3の続きです。

空港から市内へはタクシーを利用することもできますが
その分費用がかかるし、なにより、せっかくロシアまで
来たのだから鉄道、そして地下鉄とモスクワの生活観を
感じたいと思い、あえて電車でのルートで行きました。

まずは空港から市内へとつながる
高速鉄道へ。




事前に日本を出る前、ネットで調べて
高速鉄道のチケットは自販機で買える、と知っていたので
これは手順どおり買えました。
こちらがタッチパネル式のチケット自販機。
言語選択もできるようになっていました。
 
 

チケットは紙で発行され、改札機にバーコードをかざすと
通れる仕組みです。 一人320ルビー=現在のレートで約960円。





高速鉄道「Aeroexpress」の乗り心地は快適そのもの!
所要時間40分ほどで市内の地下鉄(メトロ)環状線の主要駅である
ベルースカヤ駅に到着。
駅を出て、メトロ(地下鉄)の駅を探したのですが、見つからず
かなり焦りました・・・
しばらく探したところ、すぐに見つかりました!
標識が小さく見過ごしていたのです。

メトロの自販機で切符を買います。対面販売の切符売り場もあるのですが
ロシア語ができないので、こちらのほうが無難です(笑)




切符を改札機にかざし、地下へ延びるエスカレーターへ。
モスクワのメトロのエスカレーターは異様なまでに長く、
スピードが速い・・・慣れるまで怖かったです(汗)
 
 

地下鉄の標識はアルファビート(ロシア語)のみ。
英語表記がないのでめっちゃ緊張しました。

さらに、各駅のプラットホームには、目立った駅名も
書かれていないので、聞き取りづらいアナウンスと
車内の電光掲示板が頼り・・・
古い車両だと掲示板すらありません(汗)

路線図を覚えておき、目的地までの駅の数を暗記しつつ
駅に止まる度に確認し、予定の駅らしいところで降りました。

さらに今度は、環状線を降りて、乗り換えですが
これまたわかりにくいのです。



幸い、メトロは路線ごとに色分けされているので
乗り換え口を探し、エスカレーターで移動した後は
目的地の方角へ向かう電車に乗り込みます。

日本を発つ前にキリル文字はそこそこ覚えていたので
なんとか乗り切ることができました。
ロシアへ旅される方は是非文字だけでも覚えられると
随分と楽になると思います^^

無事にホテル最寄の、「ВДНХ 駅」に到着!
後は徒歩15分くらいとのことで、印刷してきた地図を見ながら
歩きました。

外は雪がちらついていましたが、かなり緊張していたせいか
寒く感じませんでした。

あ、あれかな? いやあの建物かな・・・
おかしいな・・・
やばっ・・・、道にまよったかも!?

しかしここで、日本から持ってきた海外用レンタルモバイルルーターを
思い出し、電源を入れました。
設定が終ると・・・・・・
おお!現在地からホテルまでのmapがiphoneで確認できるや
ないですか!
これは本当にすごい。後の最終日までこの地図は重宝したので
海外行かれる方はお勧めです。
Cuちゃんありがとう!

地図をみながら、方向も確認・・・・間違いなくあの建物だ!





え~っと・・・ずヴぇすど・・・なや・・・・
ズヴェズドナヤホテル、ここだ!
予定より遅れて、夜9時すぎに無事到着しました。
この瞬間はうれしかったです。





中に入ると守衛らしい人が奥を指差したので
その方向に向かうと、フロントがありました。

無愛想な受付の人に、書類を渡し、待つこと10分・・・・・
部屋のカードキーを渡されました。
1322・・・・13階か。眺めよさそうだ。
部屋に入ったらまずベッドで横になろう・・・・

古そうなエレベーターで13階に上がり、部屋を見つけ
カードキーで開けました。

そこで思わぬ光景が!
若いロシア人2人がすでに部屋に居て、声をかけてくれたのです。

 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿