2014年6月29日日曜日

フランス&カナダ料理修行時代

昨日は親戚のみんながお越しくださいました。
和やかで楽しい席でした。
上田家のみなさん、ありがとうございました^^

今日はホームページアクセスに関して。


いきなり話が飛びますが、私の料理修行は18歳の時
都島にある「太閤園」洋食部門にてスタートしました。

その後5年ほどお世話になり退社した後、通勤時代に電車で覚えた英語と
包丁一本持って、カナダのトロントへ料理修行へ出かけたのですが
いきなり海外へ行ったのではありません。
とにかく度胸ありませんので・・・

会社(太閤園)で働いている際の夏休みを利用して2度外国へ
1週間ほど旅行へ行ったのです。

入社3年目に、昔の友人を訪ねて初めて海外へ行ったケニア、



その1年後、本場のフレンチを食べてみたいと思って出かけたフランス、


と順番を踏んで、やはり外国でゼロから生活してみたい、
修行したい!!という思いが強くなり、退社してカナダへ・・・
現地で20件の飛び込み面接の末、職を得ました。

カナダで出会ったシェフたちは本当に厳しい方ばかりで
正直当時の仕事は本当に辛かったのですが
不思議なことに、あとから思うとその分倍返しのように
懐かしい良い思い出です。


で、それらの短い旅の出来事を帰国後に日記に書いて、未だに私のHPに残しています。

随分と昔のことなので削除しようと思ったこともしばしば・・・
しかし実はお店のアクセス解析を見ると、約20%くらいの方は「フランス, 料理修行」
などの旅のキーワードで来られていて、年々その割合は増えています!

それだけ海外修行したい若い方々が多いのでしょう。
私のフランスの旅は1週間ほどでしたが、数々の先輩料理人との出会いがあり
今でも忘れえぬ思い出です。
私の旅リンクはこちら→ 旅のページ海外編

ケニア旅行に行った際、飛行機で隣り合わせになった日本人の方が
「旅の価値は長さじゃない」と話していたことが今でも思い出されます。
人生も同じことが言えますね。

今は日本人先輩方がフランスで星を取られるようになり、ますます
海外に出やすい時代だと思います。
不安で迷っていても、行ってよかったと思える日が必ずくるので
機会がある方は、とびこんでチャレンジしてほしいです^^

0 件のコメント:

コメントを投稿